魅力が多くある

他の治療法と比較して、インプラント治療は魅力が多くあります。ここでは、インプラント治療の代表的な魅力である、噛み心地がいい、外観が美しい、ということについてご紹介しましょう。自分の歯と噛み心地はほとんど同じであることが、インプラント治療の魅力です。最もインプラント治療で喜ばれるのは、よく噛むことができることです。入れ歯の場合は精巧なものでも、健康な歯に比較して噛む力は半分くらいしか回復しません。しかしながら、インプラント治療の場合には、健康な歯に近いところまで回復します。そのため、しっかりと硬い食べ物でも噛んで食べることができます。よく噛むことができることこそが、最大のインプラント治療の魅力なのです。

外観が美しく自然であることが、インプラント治療の魅力です。インプラント治療の場合には、天然の歯に近く、歯を美しく修復することができるセラミックのものを併用すると、外観の仕上りが美しくなります。インプラント治療で使用される金属も見えないため、他の人が気がつく心配もありません。また、金属のバネを入れ歯のように使用しません。さらに、金属がブリッジのように目立つこともありません。そのため、口を大きく開けて笑っても気になりません。

メリットとデメリット

インプラント治療はどのようなものなのでしょうか?ここでは、インプラント治療のメリットとデメリットについて見ていきましょう。最大のインプラント治療のメリットは、やはり自分の歯と同じような感じで話をしたり食べたりすることができることです。インプラント治療は、あごの骨に直接植えるため、自分の歯のような感じで咬むことが可能です。ブリッジや入れ歯に比較して、外観が自然で話がしやすくなります。健康な隣の歯を削らなくてもいいため、自分の残っている歯の寿命を長くすることが可能です。咬んだ場合に、残っている自分の歯にかかる負担が少なくなります。天然の歯に形が似ているため、ブリッジや入れ歯に比較して口の掃除が容易になります。

インプラント治療は天然の歯に限りなく近いもの治療ですが、デメリットも当然ながらあります。健康保険がインプラント治療の場合には適用されません。また、インプラント治療には専門的な技術、知識が必要であり、通常の場合よりも上質の材料や高い精度のかぶせ物がさらに必要になります。また、インプラント治療の場合は、安全性を衛生管理面において徹底するため、器材は使い切りのものを使います。このようなことから、比較的インプラント治療の費用は高額になります。

多くのメリットがある

歯が無くなった場合には歯を必ず作る必要があります。歯を入れなければ、他の残っている歯が移動したり伸びたりして、グラグラと数年~十数年でなってきます。そして、最終的に噛むことができなくなって歯が抜けるようになります。インプラントは、ブリッジ、入れ歯に比較すると多くのメリットがあります。インプラントも最近では非常に普及してきており、多くの人々に支持されるようになりました。歯の悩みを解消し、自分の残っている歯までさらに長く持つようになります。保険が適用されないにも関わらず、多くの人にインプラントが支持されるのはこのような理由があるためです。

ここでは、インプラントのメリットについてご紹介しましょう。ブリッジ、入れ歯と異なって、歯の寿命が負担を隣の歯にかけないため長くなりやすいことです。全く歯が奥歯に無くて、ブリッジもできなくて、インプラントか入れ歯しか選択肢がないような人がよくいます。このような人の中で、どうも入れ歯は気持ちが良くなくて入れることができないというような人が結構多くいます。このような場合でも、インプラントであれば、しっかりと自分の歯のように噛むことができます。外観がきれいで、自分の歯のように見えます。一方、注意すべきことは、規模が小さいながらも、手術であるため、場合によっては、恐怖感、ストレスを感じることです。

インプラントが支持される理由

インプラントが支持される理由について見ていきましょう。まず、日常生活において支持される理由です。入れ歯とインプラントは異なって、しっかりと骨に固定されているため、しっかりと硬い食べ物も力を入れて咬むことが可能です。また、食事の際に入れ歯の下に食べ物が入って痛くなる、臭いがする、などで悩むこともありません。また、別の歯にかけた金属が入れ歯のように見える場合もないし、清掃を取り外して行う必要もありません。会話をしたり、食事をしたりしている時にも、外れたり、歯が見えたりすることを気にしなくてもよくなります。

次に、歯の健康において支持される理由です。従来は、無くなった歯を補う場合には、方法としてはその負担を周りの歯が担うようなものしかありませんでした。しかしながら、インプラントの場合は、基本的に歯が無くなった部分だけを治療する方法であるため、過剰な負担を別の歯にかけたり、別の歯を削ったりする必要はありません。歯が無くなった後は、力を伝達することが無くなるので、歯の根をサポートしていた骨はその役目が無くなり、太さがある程度になるまで痩せていきます。ダミーの歯の下の骨はブリッジの場合でも痩せていくため、だんだん舌触りが悪くなったり、食べ物が詰まったりするなどが生じてくることがあります。しかしながら、インプラントであれば、骨にしっかりと咬む力を伝えてくれるため、骨は時間が経っても痩せません。本サイトでは、多くのメリットがある、メリットとデメリット、魅力が多くある、についてご紹介します。