インプラントが支持される理由

インプラントが支持される理由について見ていきましょう。まず、日常生活において支持される理由です。入れ歯とインプラントは異なって、しっかりと骨に固定されているため、しっかりと硬い食べ物も力を入れて咬むことが可能です。また、食事の際に入れ歯の下に食べ物が入って痛くなる、臭いがする、などで悩むこともありません。また、別の歯にかけた金属が入れ歯のように見える場合もないし、清掃を取り外して行う必要もありません。会話をしたり、食事をしたりしている時にも、外れたり、歯が見えたりすることを気にしなくてもよくなります。

次に、歯の健康において支持される理由です。従来は、無くなった歯を補う場合には、方法としてはその負担を周りの歯が担うようなものしかありませんでした。しかしながら、インプラントの場合は、基本的に歯が無くなった部分だけを治療する方法であるため、過剰な負担を別の歯にかけたり、別の歯を削ったりする必要はありません。歯が無くなった後は、力を伝達することが無くなるので、歯の根をサポートしていた骨はその役目が無くなり、太さがある程度になるまで痩せていきます。ダミーの歯の下の骨はブリッジの場合でも痩せていくため、だんだん舌触りが悪くなったり、食べ物が詰まったりするなどが生じてくることがあります。しかしながら、インプラントであれば、骨にしっかりと咬む力を伝えてくれるため、骨は時間が経っても痩せません。本サイトでは、多くのメリットがある、メリットとデメリット、魅力が多くある、についてご紹介します。