メリットとデメリット

インプラント治療はどのようなものなのでしょうか?ここでは、インプラント治療のメリットとデメリットについて見ていきましょう。最大のインプラント治療のメリットは、やはり自分の歯と同じような感じで話をしたり食べたりすることができることです。インプラント治療は、あごの骨に直接植えるため、自分の歯のような感じで咬むことが可能です。ブリッジや入れ歯に比較して、外観が自然で話がしやすくなります。健康な隣の歯を削らなくてもいいため、自分の残っている歯の寿命を長くすることが可能です。咬んだ場合に、残っている自分の歯にかかる負担が少なくなります。天然の歯に形が似ているため、ブリッジや入れ歯に比較して口の掃除が容易になります。

インプラント治療は天然の歯に限りなく近いもの治療ですが、デメリットも当然ながらあります。健康保険がインプラント治療の場合には適用されません。また、インプラント治療には専門的な技術、知識が必要であり、通常の場合よりも上質の材料や高い精度のかぶせ物がさらに必要になります。また、インプラント治療の場合は、安全性を衛生管理面において徹底するため、器材は使い切りのものを使います。このようなことから、比較的インプラント治療の費用は高額になります。
費用や技術などを考慮して、インプラント治療を行う際は実績があり信頼できる歯科で行うようにしましょう。